億万長者を夢見るすべてのFXトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料メルマガ

過去記事 2008年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

皇紀2679年1月14日

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

テクニカルに精通すれば、トレードで勝てるようになれると一生懸命に頑張って

いた時がある。 その時は未来をテクニカルが示してくれると考えていた。

しかし、計算式などを細かく調べていくウチに、どんなモノであっても

過去の終値を加工して作ったモノでしかなく、未来にこうなると教えてくれる

モノではないと言うことに気がついた。 意外に思ったことがあるんだが、

計算式まで調べるヤツってのは非常に少ない って事だ。

きっと、頭のいい人が複雑な数式で作ったのだから、たぶん凄いのだろう

ってぐらいの感覚で使いはじめるからなのではないか? と思う。

数式を理解して、どういう概念で作られたのか? って事を理解するとアホらしく

なってくる。 オシレーター系であれば、陽線が出れば上向いてくるし、陰線

が出れば下をむく。 あくまでも、今はそうだ と言うだけで、これからも

その傾向が続く前提で考えた場合にそうなる と言う話に過ぎない。

確実な話であるワケがないし、確率が高いワケでもない。 しかし、それらを

教える教本みたいなモノは、イロイロな例を出して これこれがこうだから

こうなりました。 だの これがこうでない時に入ってはいけません。

と言った言い方でテクニカルを教えるので、それを聞いたものは、その通りに

やれば勝てると誤解をしてしまう。 本当のトコは価格がそう動いたので

テクニカルがそうなったというのが本当なのである。 つまり後知恵で

ある場合が多い。 ストキャが ゴールデンクロスしそうで仕掛けて

クロスした後に嘘だよーん って落ちていくのを何度も体験したり

ボリンジャーバンドで、バンドウォークを始めたので乗り、反対側のバンドの

形が変わったので利食いをしたあとに、吹っ飛び エクスパンションが継続

したなんて事を何度も体験すると、チャートの右端で判断する時にはたして

意味があるのか? と思いたくなってくる。 未来を当てるツールとして使うと

酷い事になる。 あくまでも、今の現状を認識する程度の感覚で

母集団を統一するために、統一したエントリー 統一した決済 をするために

使う と言った使い方が現実的な話となる。

わかりやすく言うと、素人が感情的になるよりは、マシな結果になるだろうと

言う程度の話だ。 マシと言っても勝てるとは限らない、タネを飛ばすにしても

少なくすむと言ったレベルの話だ。 テクニカルはチャートを見ても何もわから

ないアホが、使うなら少しは役に立つのかもしれないが、慣れてくればローソク

足を見てたらわかるよアホくさ って話なのである。 だから、使うモノは

決めてしまえば何でもよい。 移動平均を使いたいならそうずればいい、MACD

を使いたいならそうすればいい。 ただし、使うテクニカルは精通する事が大事

であり、自分で検証して完全に落とし込んだモノでないと実戦でブレる。

 

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 為替ブログへ 読み逃げすんなよ