億万長者を夢見るすべてのFXトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料メルマガ

過去記事 2008年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

大勢が間違ってる

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

皇紀2680年1月27日 2020年1月27日


トレードをやり始めて勝てるようになった と思ったら
また振り出し、いけると思ったら振り出し。


こういう経験をするケースがほとんどだ。
俺も何回かついに達成したと思ってはガッカリを何往復もした。


そのウチに、勝てている状態になっても半信半疑になってくる。
どうせまた振り出しに戻るんだろ・・・ なんて考える。


ところが、なかなか振り出しに戻らない
半信半疑がしばらく続いて、あー自分は変わったんだってなる。


ある日突然、閃いてそれをやったら勝てるようになりました。
なんて話を直接の知り合いで俺は聞いたことがない。


トレードの世界に入る前に持っていたイメージと現実との
ギャップに慣れるまでにある程度の時間がいる。


派手に儲けて ガッパガッパ とイメージだったが
実際は、チロチロと小銭が入り、計算したら思ったよりいい。


こんな感じだった、最初のイメージが邪魔をして
一回のトレードで大儲けしないといけないと考えていた。


これが成長を邪魔していると気が付くのにも時間がかかった。
こういう感覚を教えてくれるヤツがいなかったからな。


やってみたら、思ったより忙しくない。ハッキリ言ってヒマ
地道な事を積み重ねる必要がある。


いくら儲けた!! みたいな話にばかり神経がいってると
永遠にわからないんだろうと思う。


トレードは何から何まで全て逆説的であると思う。
人間が自然に感じる心理の逆を行かないといけない。


儲かる方法を人は知りたがるが、
損を小さくすることには興味がない


今すぐ変化を人は求めるが
地道な積み重ねが必要と言う話は聞きたくない


損を取り返そうと玉を大きくする、しかし損を取り返そうと
思わず、負けが続いたら玉を小さくする方が良い。


チャートを見てわからない時は小さい時間軸を見る。
実際には大きな時間軸を見る方が良い。


人間の本能にしたがえば最初は全て逆をやるのが普通だ。
多くの者がそれをする。


実社会では多くの者が常識的であり正しい場合があるが
トレードの世界では、多くの者が間違い、少数が正しい事が多い

 

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 為替ブログへ 読み逃げすんなよ