億万長者を夢見るすべてのFXトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料メルマガ

過去記事 2008年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

あのまま持っていれば

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

皇紀2680年1月30日 2020年1月30日


他人よりも早く入ろうとか、出し抜こうとする事を考える。
これはたいていの場合、上手くいかない事が多い。


転換が起きた時にスグ入ろう とか 節目を抜けるのを見越して
なんて事を狙って賢いつもりでマヌケな事になる。


チャートを後から見ればそこで入ればよいとわかるが
相場ってのは素直に行くよりも何回かテストする事が多い。


結局は行くんだが、何回か節目をタッチしては戻りをする。
出し抜こうと早くはいった場合、だんだん不安になってくる。


ダマシがあったり、横這いでイライラしたり、含み損と利益
を行ったり来たりで、じれったくなってくる。


んでまあ、ある程度のトコでビビって利食いをしたりする。
節を抜けるのを見越したり、転換でスグに入ろうとせず


大勢が決まってからでも、狙えるトコっては存在する。
人の裏をかこうとする事が、人よりも早く入るだけではない。


昨日ならもっと安く買えたのに とか考えてしまうのは
自然な思考なんだが、それは後知恵でしかない。


例えば下ヒゲのチャートを見て、最先端で買う事は出来ない。
後から見て初めて最先端とわかるので


ある程度、大勢が決まったなと言うところまでは様子見が
必要になってくる。 どこまでを見たら様子見が終わるのか?


って話になってきてその判断は難しいのであるが
置いていかれたら仕方がないくらいの気持ちでチャートを見る。


早く入ろう、賢くやろう、上手くやろう と思うのは
大勢が考える事である。 そしてその大勢は負けている。


マヌケな事をしよう、負けよう、損しよう と思って
トレードをするヤツってのはいない。


みんな賢くやろうと思っているし、自分はその他大勢よりは
賢いだろう と思うのが人間だ。


ただ、素人考えで 正しいとか 賢い とか 抜け目がない
と思える行動 って言うのはたいていの場合は間違っている。


大多数が損をして、ごく少数が勝つゲームである以上
大勢がそうだと思う事が、そのまま実現する事は少ない。


結局は行くにしても、持ってられない動きをされるのだ。
ああああああ じれったいねぇ!!! もう!! ってなる。

 

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 為替ブログへ 読み逃げすんなよ