億万長者を夢見るすべてのFXトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料メルマガ

過去記事 2008年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

GDPの2倍の借金?

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

皇紀2680年5月18日 2020年5月18日


10万ずつ金を配るのはいいが、財源をどうするのか?
これ以上、借金を増やしてどうするのか?


GDPの2倍以上の借金があり、これは将来孫やひ孫
の世代が負担しなくてはならない。



経済評論家でこいう事を言っているヤツがいる。
恥ずかしくないのかね?


こういうヤツは、経済評論家といわない方が良い。

 

どうして国の借金がなんで国民の借金なんだ?

 

それは政府の借金であって、国民じゃないだろ。
また、借金の話をするなら


明治政府から計算すると 1650万倍に増えてんだぞ?
それで財政破綻したのか?


国債を発行してお金を印刷しまくるとインフレが起きる
と言っているヤツがいるが


供給能力を越える量を発行すればそうなるが
今はデフレで供給能力が余っているんだから関係ないだろ


経済の専門家ではない俺ですらわかる話だよ。


こういうヤツらは、一般家庭の収支と
同じ感覚か、紙幣の裏付けを金本位制 で考えてんだろ。


金使いの荒い借金だらけの家がありました。
いずれ破綻します。


これが一般家庭だよ

 

金遣いの荒い借金だらけの家がありました。
でも、自分でお金を印刷できます。


これが 国家

 

ここが一般家庭と、国家の違いなんだよ。


そして、その家庭が供給しているサービスに
需要がある限りはインフレにならんのだよ。


例えば


オヤジが大工で、その家の発行した紙幣で
工事を請け負ってくれる。


そこの奥さんが、人妻デリヘルで
客はその家庭の発行した紙幣で奥さんとやれる。


しかも
奥さんは美人で超売れっ子で予約が殺到している。


こういう状態なら その紙幣は価値があるんだよ。


では、ここのオヤジがケガして大工仕事ができなくなりました。
それでも紙幣を発行する。 これは紙くず


または、奥さんが 60歳になりデリヘルの仕事が
入りません、これでも紙幣を発行しました。


これが紙くずでハイパーインフレなんだよ。


これを国家規模まで拡大して


福沢諭吉さんで ありとあらゆるモノとサービスと
交換できるウチは、


言い換えると「供給能力があるウチは」
どんだけ紙幣を刷っても インフレにはならんのだよ。


こんな事もわからんのか?

専門用語でゴチャコヂャされると わからんとなる。
でも、俺が説明するとわかりやすいだろ。

たとえ話が下品だけどな

 

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 為替ブログへ 読み逃げすんなよ