億万長者を夢見るすべてのFXトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料メルマガ

過去記事 2008年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

それ出来るの

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

皇紀2680年9月30日 2020年9月30日


利益は大きく損は小さく。いわゆる損小理大
利食いは遅くLCは早く理論上はこの考え方は正しい。


実行できるものならば、俺もそうしたい。
だがね、せっかく乗った利益がトントンやLCになる


この時受ける精神的苦痛が、その次のトレードに
影響するので、俺には無理だった。


だから、俺の場合はターゲットで利食いをしてしまう。
ターゲットまで遠い場合はある程度で利食い。


言い換えると、利食いは早く、LCはもっと早く
損小利大ではなく、損小利中とか損小利小だ。


ようするに、期待値がプラスであればいいわけで
必ずしも、損小利大である必要はないわけだ。


昔は、損小利大でないとダメって思っていたが
ロスチャイルドの言葉で


私が相場で財をなしたのは、早すぎる仕掛けをし
早すぎる利食いをしてきたからだ。


と言った話を本で読んだからだ。
そうだよねぇ、それでいいよねと思った。


あーただし、ただしである。
チキン利食いを正当化してるんじゃないよ?


利をトコトン伸ばすよりも、ある程度のトコで
利食いしてもいいよと言っているのさ。


これは性格によるので、常にブレイクアウトを
狙い続けて、利が乗ったら乗せ乗せで行くヤツは


全く関係のない話である。
小さい金を増やすには、その方法はいいんだが


俺は低すぎる勝率に精神的に耐えられない。
仲間のトレーダーは平気なヤツがいるが


見てて頭おかしいよな? って思うし
俺は同じ事はできない。


ようするに、精神的に耐えられないルールを
作ったとしても使い続ける事はできないのさ。


根性で耐えろと言うのは簡単だが
無理なものは無理なんだよ。


何が言いたいのか? って言うとだな
相場格言や相場で言われている事を盲信するんじゃなく


自分の状況、自分の性格を考えて
それが現実的か? を考えろって話だ

 

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 為替ブログへ 読み逃げすんなよ