億万長者を夢見るすべてのFXトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料メルマガ

過去記事 2008年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

自分で火をつける

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

皇紀 2681年9月14日 2021年9月14日


日経が高値来たねぇ・・・
次は年内、4万円だな


と言っている自分でウソ臭いと思っている。
まあ、行かなくてもいいけどね。

 

勝つのは簡単だというと、勝ちトレードが
多くなって簡単に勝てると勘違いする。


勝のは簡単だというのは、勝っているトレーダー
にとっては簡単だという話であって、


素人には、苦痛しか生まれないゲームだ。
苦痛しか生まれないゲームってことを理解すると


悩んでも仕方ないとなるし、迷っても仕方ない
となり簡単なゲームに変わってくる。


難しいと感じるヤツは自分で難しくしている。
不可能な事をやろうとして難しいとなってる。


絶対に外したくないとするなら
それは難しくなる。


損したくないと思えば難しくなる。
全てのトレードで正解なんてありえないので


それは仕方がないと受け入れて
違ったら切る、とやれば簡単なゲームになる。


難しく考えるヤツは


自分の心の中に自分でガソリンをまいて
自分で火をつけて熱い熱いと言っている。


横からみたらバカじゃなかろうか?
という話なんだが


本人は大真面目で真剣にそれをやっている。
賢いことをしているつもり、正しいことをしているつもり


正しいこと、賢いことは当てる事ではなく
勝ちトレードでもないんだよ。


勝ちや儲けや当てる事に、こだわり過ぎるから
難しくなっているという事に気がつけよ。


例えば、出来高のない上げはダマシが多いと
いう話があったとする。


でも、それは絶対的な法則ではない。
出来高がなくても売り圧力がなければ上がる。


出来高があってもダマす時はダマす。
大量の標本を集めた場合にそうなる事が多い。゜


ただ、これだけの話なんだよ。


個々のトレードで確実を求めるから結果として、
トータルでは勝つという確実な話を逃している。


そして、金が溶けていき、モチベをなくして
今日もまた一人、トレーダーを夢みた者が去っていく。

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 為替ブログへ 読み逃げすんなよ